帰り道

歩行通勤は今日で3日目。
朝、丹沢や箱根の向こうに富士山が見えた。
日中は陽は照っているけれど寒い一日だった。
帰り道は相模国(相州)と武蔵国武州)の分界嶺の尾根道を歩く。
日の暮れる直前の道からは富士山が優美なシルエットになって見えた。
少し遅くなってしまって夕焼けの終わりの頃
暮れなずむ濁ったオレンジ色のなかにくっきりとその姿が浮かんでいた。
カメラを持っていなかったのが残念だった。
インフルエンザとは違う冬の風邪が流行ってきたようだ。
歩いて自宅に着くころにはこんな寒い日にでも汗がでる。
風邪を引かないよう注意しないといけないな。