古いiPadで絵を描く

今日は誕生日。今朝早く、息子からおめでとうの電話が鳴った。あちこち不具合はあるが、それでも自立した七十二歳を迎えられたことはおめでたい。

少子高齢化で、この国では四人にひとりが高齢者だし、今年九月初日時点の住民基本台帳に基づく百歳以上の高齢者は九万五百二十六人にまで増えて五十二年連続の増加だそうだから、百寿の人からみたら七十二歳なんてまだほんの洟垂れ小僧のようなものだろう。

新型コロナウイルス感染症はすでに第八波が到来した。東京の患者が一万人を越えている。意外なのは北海道で、東京に次いで二番目に患者が多く、連日一万人以上の感染者が発生している。北国には雪がチラつく冬が到来しているためなのだろう。幼い子どものいる三男一家が心配だ。北国の冬は寒く、厳しい。

接種券が届いていたので、誕生日を控えて昨日はいつものクリニックで五回目の新型コロナウイルスワクチンを接種してもらった。たまたま居合せた、痩せて見るからにヨボヨボの老人然とした男性と言葉を交わすと、なんと同じ歳だった。彼は六月生まれで、見かけと違って特に病気もなく、薬も飲んでおらず健康そのものだと言っていた。端から見ればこの方と同じように自分もりっぱな老人の姿なのだろう。むしろ自分は薬も飲んでいる身なのでちょっと負けている。すっかり意気消沈してしまう出来事だった。

古くなって通信速度が極端に遅くなり、もうインターネットを見る道具としては使いものにならないiPad mini(2015年6月28日購入、iPadmini2)がある。長年愛用した、思い出と愛着のある器械だけれど、すでに新しい器械を買って世代交代したので、使い道もなく放置してあった。捨てようか、下取りにでも出してもう一台新しいものを購入しようかと迷っていたところ、たまたまちょっとした縁で簡単な略図を描く必要があったので、無料で使えるお絵かきアプリ(ibisPaintX)を入れて試してみた。

花瓶の菊を殴り描きしてみたが、これがなんともいい味なのだ。まさに自画自賛。はじめてパソコンで絵を描いたけれど、なかなか楽しくて、簡単で、暇つぶしにはもってこいなのである。手軽に描けるし、絵の具も水も筆もいらず、新たな趣味になりそうだ。

古くなったものでも、まだ動くうちは使い方次第で役に立つモノもあるのである。

iPad処女作「菊のクロッキー

第2作目「菊」

第3作目「沖縄ガラスの泡盛入れ」

早寝早起きとコロナ禍でこの三年以上、夜の飲み会や食事会はまったくなくなった。今年も忘年会はなしだろう。この習慣が身について、日が暮れるともう外を出歩く意欲が沸かなくなってしまった。これも老化現象なのだろう。今日の昼間は午前中は自分が、午後は家内に予定があって、おまけに予約しておいた愛車の車検の日だから、昼間は誕生日祝いの食事に出かけられない。そこで先週の土曜日に、予約を取って横浜港大桟橋そばの北欧レストラン「スカンジア」に誕生日祝いのランチを食べに行った。期待通りの落ち着いた風情のお店でゆたりと白ワインを飲み、北欧料理をいただいた。

北欧料理レストラン「スカンジア」と名物料理の看板

スモール「スモーガスボード」

前菜やメインの肉料理がセットになった、この店の名物の「スモーガスボード」という名の盛り付け料理を食べたかったが、お店の方に量が多いのでハーフサイズを勧められた。デザートには誕生日ケーキを頼んであったので、このサイズでちょうど正解だった。HPによれば、この店は創業が1963年なので来年は還暦を迎える。店内には今年91歳になる女性オーナーの姿もあったし、総料理長の男性もフロアでコンシェルジュをしていて店全体が古き良き横浜の雰囲気を醸していた。一度は経験してみたかった、長年あこがれのレストランで食事が出来て、また夢をひとつ実現できた。常連になるには少し敷居が高い店だが、また訪れたい店ができたことはうれしいかぎりだ。いつまでも伝統の味を守って営業を続けて欲しい貴重な老舗レストランである。

ハッピー・バースディ・ケーキ

 

アヒージョは土鍋で

一昨日の皆既月食はきれいだった。442年ぶりという天王星の惑星食はよくわからなかったが、いずれにしても大宇宙の片隅の太陽系の、そのまたごく狭い地球を取り巻く範囲の天体ショーは逆にそれだからこそ宇宙の大きさや広がりを実感出るまたとない機会だった。再び月が輝くまでは起きていられなくて途中で寝てしまったのが少し情けない。ブログを遡ると前回の皆既月食は2018年1月31日だった。このときも途中で寝てしまったと書いてある。

写真の左下の星がこれから月に隠れる天王星

東向きのベランダから見える月

冬場を控えてどうやらコロナの第8波が始まったようだ。インフルエンザの同時流行も想定されているのでもう予防接種は済ませた。5回目のコロナウイルスワクチンも来週の予約をとった。体を温めて風邪にかからないように備えたい。

寒暖の差が大きい秋の夜長の定番料理はなんと言ってもおでん鍋だろう。体を温めるにはうってつけの料理だ。卓上コンロでおおきな鍋を温めながら大根やこんにゃくをつつくひとときにはささやかな幸せを感じる。もうひとつの我が家の定番卓上鍋料理にスペイン料理に倣ったアヒージョがある。

外で、もちろんスペインでも本物を食べたことがないので我が家の家庭料理というほうが正しいかもしれないが、ときどき卓上で夕食に食べる。赤ワインにもビールにも日本酒にもあって手間がかからずに重宝しているメニューだ。

本場ではどうやっているのかわからないが、我が家では年季の入った鍋焼きうどん用の土鍋をつかっている。ミニトマトブロッコリーにキノコ、蝦やなんでも家にある魚介を入れている。具は冷蔵庫に残っているなんでもかまわない。でもトマトだけは欠かせない。

味付けはオリーブオイルに鷹の爪1個とアンチョビーにニンニクだけ。これで美味しく食べることができる。

家でたべる毎日の夕食は肩のこらない、食べ飽きない料理が一品か二品あると嬉しい。亡くなった多才なイラストレーター、和田誠さんの息子のお嫁さんである和田明日香さんが料理の本を出したと知って図書館で借りてきた。かの有名な料理愛好家平野レミさんの義理の娘にあたる人のレシピ集だ。レミさんの料理は奇抜でちょっとレベルが高すぎてついて行けないところがあるが、明日香さんの本は本当に家庭の味を紹介していて見るだけでも気持ちが落ち着く。これはこれで大変貴重なレシピ集だ。買って愛蔵本にしたい。

野沢温泉外湯めぐり

紅葉の戸隠高原鏡池

(北信濃野沢温泉は坂の温泉町)

昨日は立冬だった(11月7日)。寒暖の差が激しい日が秋の終わりを告げている。

今年は例年になく秋が短かった気がする。気候変動のせいなのか、暑い夏日が終わったとたんに晩秋になってしまった。あるいは秋の終わりはいつもそう感じているのかもしれないが、季節の巡りを肌で感じる年ごろになったのだろう。

曇りの日には肌寒くてコートを羽織りたくなる気候だが、日が差せばまさに小春日和、のんびりと日向ぼっこがしたくなる。このところ鼻アレルギーが気まぐれに襲ってきて、抗ヒスタミン薬を飲めば一日眠いし、気づかぬうちに居眠りに落ちてしまう。

行く秋を惜しんで、先週は立冬に先駆け二泊三日で北信の野沢温泉に腰痛封じの湯治に出かけた。アレルギーに加えて腰の具合がいまひとつの日々が続いている。まだ前期高齢者ではあるけれど、高血圧にアレルギーに腰痛持ちとなり、気づかぬうちに持病自慢の不健康老人になってしまった今日この頃だ。他の話題がないからついつい病気に気がいってしまうのだと思う。いよいよ健康寿命も終わりに近づいて来たような気がする。だから気分を変えることもボケ防止にはいい手段だろう。それには旅行が一番。腰痛も顧みずトコトコと鈍行列車の旅も味があるが、二泊三日の日程ではちょっと難しい。今回は晩秋の味覚を求めて道の駅巡りを兼ねての旅なので車で出かけることにした。文化の日の高速道路は予想外に混んでいた。予定の1.5倍以上の時間がかかり途中寄り道しようと思っていた松代の城跡や戸隠神社、道の駅はパスして野沢温泉に到着した。

もうそろそろ日が傾き始めた夕方近い四時過ぎに宿に着いた。泊めてもらう宿は「やすらぎの宿・池元」だ。町の中央バスターミナルのすぐ隣の、堂々とした大きな民宿だった。gotoキャンペーンのような地域振興の割引サービスで上品な旅館はどこもいっぱいで予約は取れなかった。きっと値段が高い旅館から予約が埋まったのだろう。庶民的な民宿では直前でも予約がとれた。行ってみると民宿はガラガラ状態だった。一人旅の老若男女(でも一人旅の女性を除くとほとんど男性高齢者)が旅人だった。割引キャンペーンのほかに地域で使える金券のクーポンがついていて、これらを差し引くとなんと民宿の料金はひとり一泊二千五百円あまりの計算になる。驚愕の超安値だ。こんなことはもうないだろう。

こじんまりした内湯は、源泉かけ流しの単純硫黄泉で、体が芯から温まりそうなよい雰囲気の温泉湯だった。これは腰痛に効きそうだ。でも野沢温泉は外湯が名物。温泉街のあちこちに外湯めぐりの湯屋が全部で十三か所ある。足掛け三日でいくつ浴びれるだろうか。

実をいうと野沢温泉に泊まるのは二回目だ、初回は大学に入った初めての冬、いまから五十三年前のことだった、隣接する野沢温泉スキー場で学生スキーの大会があって訪れた。長い津軽の冬を過ごすのに、関東生まれでろくにスキーで滑った経験もないのに、ほかにすることがなかったからと、無謀にもスキー部に入り、その初大会でこの地を訪れたのだ。スラローム競技に出場したが、滑り出して三秒で転倒して棄権した。あたりまえだ。あるいはこの時はスキー場近くの民宿かロッジに泊まったのかもしれない。まだ若かったので温泉にはまったく興味がなくて、温泉に入ったかどうかの記憶が全くない。結局、スキー部には大学卒業まで所属していた。二年目からはアルペンスキーをあきらめて体力勝負のノルディックに転向したのだった。

着いた日は外湯の「熊の手洗い湯」と「上寺湯」 に入って夜は民宿の内湯に入った。「熊の手洗い湯」は野沢温泉発祥の湯だという。お湯はけっこう熱い。源泉の温度はどこも70度以上だ。

f:id:darumammz:20221109034402j:image
f:id:darumammz:20221109034354j:image(由緒ある熊の手洗い湯)
f:id:darumammz:20221109034358j:image(町角に茹で卵製造施設がある)

f:id:darumammz:20221109033349j:image(二軒目の上寺湯)

二日目は当初予定していて行けなかった戸隠神社奥社を参拝した。戸隠高原には以前に二回キャンプしたことがある。高妻山に登ったときも疲れてしまい戸隠神社奥社は参拝できなかった。心残りで、いつか訪ねたいと思っていたのだ。

信濃地方は秋本番。神社に行く途中の飯縄高原や戸隠鏡池の紅葉は見事だった。

飯縄高原の紅葉が見事

戸隠神社奥社参道

(奥社のお参り、ここは武芸の神様だそうだ)

江戸時代に将軍家によって植えられた杉の巨木の間の参道を登り念願の奥社のたどり着いたが、意外と近代的なコンクリートの社殿にちょっと肩透かしを食らった感じがした。昼は中社近くの蕎麦店「門前」で手打ちそばと天ぷらを食べた。これはうまかった。これでクーポンを使い果たした。

午後は野沢温泉に戻り「大湯」と「滝の湯」に入った。大湯は大き目の浴槽が二つあり熱めと温めの湯舟に分かれていた。頑張ってどちらの湯も浴びた。次の「滝の湯」は湯が緑色でやや熱めだった。二つの熱めの外湯に入って、湯あたり気味になったしまった。二日目の外湯めぐりはこれでギブアップ。品数の多い家庭料理が並んだ夕食をいただき、内湯に入らず寝てしまった。

f:id:darumammz:20221109034725j:image

(湯舟の大きな大湯)

三日目の朝は快晴。窓からは下界を一面に覆う雲海とその向こうに朝日を浴びて薄紅色に輝く妙高山火打山が見えた。もう雪に覆われていた。野沢温泉街の標高は六百メートルでしかないが、眼下の千曲川沿いに真っ白な雲海が広がり、久しぶりに荘厳な絶景を眺めることができた。

雲海の向こうに見える妙高山火打山

5カ所目のミョウバンの湯の真湯

朝いちばんで外湯の「真湯(しんゆ)」に入りに行った。ミョウバンで白く濁った湯で、肌がつるつるになる温泉だった。これで外湯めぐりは終了。十三湯のうち五湯で終わってしまった。またぜひ訪れて全外湯制覇を目指したい。

帰りは道の駅に寄り道し、リンゴにラ・フランス、取り立ての天然キノコや菊の花などたくさんの現地産の農産物を購入し帰宅した。夕食は念願のキノコ鍋だった。これが大好物。日本酒がすすむ。

ハックルベリーでジャムを作る

翌日は朝から途中で購入したハックルベリーをゆっくり煮込んでジャムを作り、家内はイチジクを白ワインで煮て大好物のコンポートを作った。

気のせいかもしれないが、少し腰痛がよくなった気がした。

 

 

ハロウィンの悲劇

日本でもすっかり定着したハロウィンのお祭り。もともとは北欧のケルト人の行事がアメリカに伝わり、こども達が各戸をまわりお菓子をねだるお祭りとして世界に広まったという。

昨日、街に出ると我が家の近辺でも、ひらひらとした衣装で色鮮やかに仮装したり奇抜なぬいぐるみを着た子供たちを連れた親子連れであふれていた。スーパーマーケット前の狭い広場は人でごった返しになっていた。

韓国では邦人を含む150人以上の死者が出る大惨事が発生した。狭い路地に殺到した群衆が将棋倒しになって圧死や酸欠死になった。

まさにお祭り騒ぎが尊い命を失う悲劇を招いてしまった。亡くなった本人や怪我をした群衆はもちろんのこと、その家族や友人もこの祭りの悲劇に言葉を失っているに違いない。あるのは無念の思いだけだろう。

楽しいお祭りも時には命取りになること覚えておかないといけない。

死者の冥福を祈りたい。

ピカソ「ミノタウロマキア」(1935)

 

ピカソを観てきた

このところ鼻と目のアレルギーで不調の日々がつづているが、いい天気の土曜日なので上野の国立西洋美術館ピカソを観に行ってきた。

見応えのある作品がたくさん並んでいて、圧倒された。ピカソのほかにもブラックやクレー、マチスの作品も展示されていて、面白かった。

f:id:darumammz:20221029133559j:image
f:id:darumammz:20221029133612j:image
f:id:darumammz:20221029133555j:image
f:id:darumammz:20221029133608j:image

やっぱりピカソ1881年10月25日 - 1973年4月8日)は天才だ。

初めて間近に接したクレーもマチスも凄いけれど、やっぱりピカソは別格だと実感した。

青の時代、バラ色の時代、キュビズム、新古典を経て分析的で内省的な前半生から2回の世界大戦を経験し、本来の自由奔放で開放的で破壊的な境地にたどり着いたピカソ。臆病な反面、執拗で、懐疑的で、好戦的で、エロチックな多面性を持つ彼の性格を反映した作品群には圧倒される。彼は新たなの時代の到来を宣言し、同時に、ある意味、20世紀以降の絵画美術という芸術を終焉させてしまった。創造性の破壊が新しい芸術を生み出すをいう、まさに芸術の原点を消滅させてしまった彼の存在は他の何にも代えられない。

彼の最晩年の作品群はすでにそれまで彼が辿った芸術性への自己陶酔と追慕のようでもあるが、いずれにしても彼の残した作品群が発する圧倒的な吸引力によって、ピカソ以降のほとんどの芸術家は逃げ場のないブラックホールに拉致され、目指すべき芸術の方向性を見失ってしまったのではないかと感じた。まさにピカソは暗黒の創始者といってもよいのではないか、と思った。

この展覧会「ピカソとその時代」は美術商でコレクターでもあったオリヴィエ・ベルクグリューンの個人資産を基に設立されたベルリン国立ベルクグリューン美術館の改装に伴う各国での巡回展だという。ピカソの作品と20世紀を代表する芸術家の作品100点近くを一堂に鑑賞できる機会はそんなにない貴重な機会だろうと思う。

弘前観光

七月に来たばかりだが、大学の同窓会があってまた弘前にやって来た。今回の同窓会は後輩の I E教授の退任祝賀会も兼ねているので是非出席したいと思って一泊だけのトンボ帰りの予定で空路を飛んできた。

昨日の夕方開催の同窓会はコロナ禍で講演会と会議だけで懇親会はなく飲食なしでお開きになった。お土産は夕食の弁当で、はるばる弘前にまで来てホテルに帰って一人で食べるのも虚しいばかりだ。会費はこの弁当代だったのかと終わってようやく理解した。どうも会費が安すぎると思ったのだ。

三々五々、本当にバラバラと解散となり、このままホテルに帰るのはつまらないので、土産の弁当は辞退し仲の良かった木村くんと二人でこっそりと居酒屋に入り二人だけの密やかな懇親会をした。青森の地酒「田酒」を久しぶりに飲んだ。つまみをあれこれ頼んで、それでも一人三千円あまりだった。安いなあ。

昨日は肌寒い曇りの一日だったが、今日は朝から快晴だ。

連休で混んでいるから朝食は密を避けて通常より一時間早く五時半から食べられるように変更になっていた。早起き老人にはちょうど良い時間帯だ。

昼前の飛行機で帰宅する予定なので、それまで懐かしい市内を歩くことにした。

f:id:darumammz:20221009103744j:image
f:id:darumammz:20221009103721j:image
f:id:darumammz:20221009103730j:image
f:id:darumammz:20221009103725j:image
f:id:darumammz:20221009103741j:image
f:id:darumammz:20221009103748j:image
f:id:darumammz:20221009103718j:image
f:id:darumammz:20221009103753j:image
f:id:darumammz:20221009103737j:image
f:id:darumammz:20221009103734j:image

市内はすっかり区画整理がなされていて縦横に道路が走り50年前の記憶とは全く違っていた。

二時間余り歩き回り、チェックアウトの時間になってしまったので長勝寺まで脚を伸ばせなかった。ホテルに戻り荷物を取って次回はぜひ禅林街を歩きたいと思って空港行きのバスに乗った。

すでに初冠雪を迎えた岩木山だそうだが、麓の街中から眺める姿はまだ白くはなっていなかった。

懐かしい先輩や後輩には会えたけれど顔を合わせて記念の集合写真を撮っただけで、ほとんど話は出来ずだった。懇親会なしの同窓会はこれが最後であってほしいものだ。でもみんな真面目だ。しっかり事前の申し合わせを守っていて、偉いなあと思った。

シルバー・ウイークってなに?

台風の敬老の日、天気は大荒れだったけれど、老夫婦二人の我が家は静かな一日だった。次々と台風が発生して季節はもうすっかり秋になった。九州に甚大な被害をもたらした14号がこれから本州方向に来るようだ。ほぼ毎年のことになってしまったとはいえ、被災者の健康と生活環境の今後が気になってしかたがない。インターネットを見てしまうとなかなか寝付けない夜になる。

f:id:darumammz:20220919203701j:image

曇り時々驟雨の今日は、晴れ間を狙って買い物に出た。玄関を出るとすぐにスコールがきた。雨と風をかいくぐり、デパートで敬老のお祝いに高野のケーキを奮発して買って帰り、私だけコーヒーを入れ、家内は冷たいプーアル茶を飲みながら、静かに自宅で食べた。目玉が飛び出るほどの高価なシャインマスカットの乗ったショート・ケーキだったが、食べてみると値段だけのことはあると納得した。年に一度なら、親族を一同に集めて食べ放題のケーキ試食会を敬老の日の年中行事として企画してもいいのかもしれないな。

f:id:darumammz:20220919211346j:image

今夜は秋らしく芋煮に今年初めての秋刀魚の塩焼きを食べた。里芋の一汁と一菜の痩せ秋刀魚だったが、それでも秋の味がして満足だった。

f:id:darumammz:20220919212814j:image

世の中では最近、連休の有無によらず敬老の日近辺と秋分の日あたりまでをシルバーウイークというらしい。四月末から五月の第一週は昔からゴールデンウイークなので敬老を含んだシルバーの趣旨はわかるけれど、こどもの日あたりで、新年度で忙しくなかなかなか春の休みが取れない親と子が遊ぶ少ない機会として貴重な連休の存在価値は理解できる。でも夏休みが終わったばかりのシルバーウイークってなんなのだろう。お墓参りも先祖の供養も抜かりなく済ましても高齢者にはまだまだ時間がある。まさか老人と遊ぼうという訳ではないだろうし、時間の有り余る年金暮らしの高齢者にもっと散財させようという趣旨なのだろうか。

f:id:darumammz:20220920071858j:image

先週はシルバーウイークに先駆けて、苗場山麓にある赤湯温泉山口館に行ってみた。屋根のある薬師湯と青湯、川辺に設られた露天風呂の卵湯がある秘湯である。夜八時以降は混浴だが、それまでは時間で男女別が決まっている。八年ぶり二度目の訪問だ。一泊二食付きで9000円だった。f:id:darumammz:20220920040821j:image
f:id:darumammz:20220920040824j:image

f:id:darumammz:20220921051234j:image

ここは登山口から峠を越え山道をおよそ二時間余り歩いて行かなければならない苗場山の五合目にある。夜はランプの灯りと行灯が点る本当の秘湯だ。崖のような登山道を下り辿り着くと新たに綺麗な別館ができていて驚いた。前回の訪問時に色々話を聞かせてくれた小屋の三代目若主人は別館が完成した五年前にくも膜下出血で他界してしまったと聞いて二度驚いた。昔話をしようと再会を楽しみにしていたのに残念だ。二代目主人も亡くなって現在は若主人の叔父叔母にあたる二代目主人の弟妹が切り盛りしているようだ。僅か八年の間に波瀾万丈、色々とあったようだ。質素だが心のこもった食事をいただき熱めの露天風呂に浸かりながら月日の経つのが早いことを実感する温泉旅行だった。