暇つぶし

身辺雑記_「ちむどんどん」と山の小説

花より団子のたとえあり 昨日は中秋の満月だった。ススキを花器に生け、団子と月餅を飾ったおかげだろうか、綺麗な満月が眺められた。 11号につづいて台風12号が先島諸島に近づいている。例年のことなので沖縄の人たちには年中行事の台風襲来なのかもしれな…

なんのために食べるのか

生きるために食べるのか、食べるために生きるのか。難題である。 若い頃は生きるために食べていた。その日その日を乗り越えるためにエネルギー補給が必要だった。 最近は朝起きるとまず最初に今日の晩飯は何を食べようかと考えるようになった。若い頃とは明…

九月の虹

奇妙な動きをして太平洋から日本海に進路を変えた台風11号がもうじき熱帯低気圧になりそうだ。 今朝小雨の中、大きな虹が出た。 天気が不順でこのところ良く虹を見るが、早朝の居間の窓からこれまで虹を見た記憶がない。 日中はまだまだ暑い日差しが降り注ぐ…

知床旅情_羅臼岳頂上からオホーツクを眺める

羅臼岳頂上から知床連山を見る 国後島 北海道の東端、オホーツク海に角のように突き出した知床半島は、昭和生まれの世代には加藤登紀子がギターひとつを伴奏に哀愁を込めて歌いヒットした、森繁久彌作詞・作曲「知床旅情」の歌詞で初めて聞く地名だった。下…

大雪山旭岳に登る

深田久弥の山岳エッセイ「日本百名山」は北海道の孤島利尻島に聳(そび)える利尻山に始まり屋久島の宮之浦岳に終わる。 利尻山に子どもたちを連れて登ったのは今からちょうど30年前の夏だった(1992年8月17日)。この日は暑い日で持参の水を途中で飲み干…

ジオパークについて

隠岐空港に着陸すると、「隠岐世界ジオパーク空港」の看板が真っ先に目に入った。ジオパークとはなんだろう。世界自然資産とは違うのだろうか。さっそくスマートフォンで調べてみた。 ジオパーク(Geopark)は、地球や大地を意味するGeoと公園を意味するPark…

冬のオリンピック

(沈む満月と日本の夜明け、 AY氏の写真借用) 冬季北京オリンピックもあと二日を残すのみとなった。 今回のオリンピックはコロナ下の厳重管理下の開催ではあったけれど見どころ、話題の多い大会だった。記憶に残る大会だったと感じる。 メダルの数で言えば…

あんパン考

昨日はバレンタインデーだったのでお昼のお弁当はチョコレートパンにするつもりで、電車に乗る前にコンビニに寄った(ひとりチョコプレゼント)。 調理パンの隣の棚に甘い菓子パン陳列されていたが、昔ながらのサザエのような形で中にチョコレートクリームの…

春風亭一之輔を観に行く

今日は建国記念日、首都圏の大雪予報は大外れ。朝には霙も上がって陽が差し、わが居住地あたりは風の冷たいカンカラカンに干上がった冬日となった。 老人は大雪で転んで怪我をしても眉を顰(ひそ)められるだけなので、数日の家籠りにも耐えられるように、新…

大雪狂想曲

雪は豊年の瑞(しるし)。 万葉集(三九二五)に「新しき年の初めに豊の年しるすとならしに雪の降れるは」と読まれ、年を越して新年(旧暦)を迎えても雪の多い年は豊年のしるしであるという。現代の統計では当たるも八卦当たらぬも八卦当のようだけれど、古…

豆の話

(備蓄の豆)いよいよ明日は節分。こどもの頃から慣れ親しんだ楽しい行事、鬼は外、福は内と叫びながら福豆を玄関や外の庭に撒く、豆まきの時季になった。 節分の豆まきは、古代中国の行事に由来し、日本では平安時代に宮中の儀式として始まったらしい。はじ…

誕生日プレゼント

この春に小学4年生になる孫のへーちゃんの誕生日が近い。 コロナ禍でめっきり会う機会が少なくなってしまい、最近はどんな暮らしぶりか全然わからなくなってしまった。家族でアニメーション映画を見に行ったり、新型コロナウイルスのデルタ株蔓延が一段落し…

春の兆しを求めて

蝋梅(ロウバイ) 茶畑に広がるロウバイの林 展望台から 神奈川県西部の松田町寄(「やどりき」)に春の兆しを求めて蝋梅(ロウバイ)を観に行った。仕事のない日は家にこもり気味なので、人混みを避けて、気分転換がしたいと思った。 久し振りに車を運転し…

ふるさと納税で地元のマグロを頼んでみた

昨年末、初めてふるさと納税に挑戦してみた。 納税額を調べて上限額を調べたりインターネットでの注文の仕方が複雑で面倒くさい感じがしていたが、意外と簡単に申し込みが出来た。でも他県に税金を寄付してしまうと地元の納税額が減ってしまって自分の町の行…

時間について

最近インターネットを眺めていたら、時間に関する面白い記事をみつけた。 重力が大きいと時間の進行が遅くなり、小さいと時間が速くなるというものだった。アインシュタインの一般相対性理論や特殊相対性理論で予測されていた現象が、高精度に時を刻める「光…

冬至かぼちゃ

今日は冬至。 手作りのかぼちゃ料理の夕餉だった。 海老や玉ねぎなどを煮込んだホワイトソースを小ぶりのかぼちゃに詰めて、オーブンで焼いて出来上がり。 焼き上がりまで待っている間に赤ワインですっかり酔ってしまった。 何故冬至に「かぼちゃ」なのか、…

年の瀬

今年もあと10日となった。気分的にはなんとなく気忙しいけれど、日々の暮らしは淡々と進む。 夕方、所用で元職場近くの尾根道を歩いていると地平の果てに富士山と神奈川の山並みが見えた、 この数日、冬らしい寒波が襲来し、晴れの日が続いている。澄み切っ…

M 式「海の幸」森村泰昌展を観に行く

コロナの第6波がいつ来るのか、心中穏やかざる年の瀬を迎えた。おまけに猛威を奮ったデルタ株ではない、さらに凶悪な新たな変異株のオミクロン株の国内への侵入で一気に緊張感が高まる状況になってしまった。今のうちに行動しておかないと今度こそ都市封鎖が…

葉から芽?

ベンケイソウ 不思議な光景 友人のAY氏から面白い葉っぱをもらった。葉から直接、芽がでるという。 小皿に入れて窓際に置いておいたら約3週間で確かに芽が出た! そのものずばりハカラメとかマザーリーフとか言われているそうだ。 不思議なものがあるものだ…

絵を描く

今日は日曜日。特に予定がないので朝からのんびり絵を描いて過ごした。 10時過ぎに、近くの金魚屋を覗きに行きたいと長男家族が訪ねて来たので、久しぶりに我が家に孫二人を迎えた。姉はずいぶんと背が伸びていた。 金魚屋を覗いたあと孫娘の二週間遅れのお…

YouTubeでショパンを聴く

いまさらながらではあるけれど、インターネットの発達で、これまで想像もしていなかった便利な時代になった。 第18回ショパン国際ピアノコンクールの入賞者の演奏をYouTubeで聴いている(第18回ショパン国際ピアノコンクール Bruce Liuさん優勝、反田恭平…

沈黙の三ヶ月

新型コロナウイルスによる感染爆発、いわゆる第5波が収束に向かっている。 6月中旬以降に始まった第5波は、ワクチン接種の効果もあってだろうか、9月30日をもって緊急事態宣言が解除された。このところ東京都内の患者も二桁で推移し、新たな感染者数は連日前…

犬も歩けば・・・

三匹の猫たち 梅雨明けまであと少しの気配 夜明けには晴れてきて蒸し暑い朝を迎えたが 出勤前の朝のニュースで面白い話を視聴した 三重県のとある町で 信号機を支える鉄柱が根元から倒れたというニュースだった 耐用年数50年の半分にも満たない23年で倒壊し…

床屋さんに行く日

八重山諸島や九州南部では梅雨が明けたという知らせが届いているけれど 本州ではあちこちで豪雨による土砂崩れや川の氾濫が起きている 大きな被害と悲報をともなう水害がまるで毎年の年中行事ようになってしまった 久しぶりの晴れ間が覗いた日曜日の今朝は …

「ブータン 山の教室」

天候不順の日々が続くので、いつもの小さなシネマ館に映画を観に行った。 ブータン最奥地の美しい山々に囲まれた辺境の地に建つ質素な学校を舞台に、いやいや赴任した新米教師とこども達との関わりを描いた映画だった。 以前に見たグリーンランドに赴任した…

尾瀬ヶ原からの便り

尾瀬ヶ原に咲くタテヤマリンドウ 西日本では例年になく早々と梅雨入りしたのに 関東ではさっぱり入梅の知らせが届かない。 とはいえこの季節がら毎日不安定な天候の繰り返しで つかの間の蒸し暑い晴れ間が見えたあとには霧雨や風が吹く日が続いている。 山々…

別れのとき

もうだいぶ前からこの日がくることは覚悟していた。 時代の流れの中で、抗えるものとそうでないものがある。 現実に別れの日が来てみるとそこはかとない寂しさを感じる。 世の中の趨勢に逆らって、傍目には肩ひじを張り意地になってこだわって見えたに違いな…

念ずれば通ず(蛸の話)

ここ数日ずっと、蛸が食べたいと思って過ごしていた。 寿司屋に行けば誰でもが必ず注文したいネタがあるに違いない。なんと言っても鮪がダントツの一位だろう。自分の場合は、その次にイカ、そして蛸である。美味いイカや蛸に遭遇したときは至福を感じる。 …

立春と貯金箱

今日はいよいよ立春。 昨日の午前中に降った冷たい雨にも、どこか春の兆しが感じられた。 月のない昨夜、老夫婦ふたりでささやかな豆まきをした。今年は例年以上に暖かい春が早く来てくれることを願って豆を撒いた。 昨夜のテレビのニュースでは、1月7日から…

大寒の週末は雨

寒い日が続いている。 乾燥した北風が吹く毎日だが、この週末は久しぶりの雨になった。 大寒の雨は雪になる予報だ。 母の命日が近づいたので、雨の中、車を運転して墓参り行った。 コロナ禍で、このところ遠出をしていないし、運動不足解消に近場は歩いてい…